スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ☆やんげ☆
 
[スポンサー広告
前向きに前向きに~っ
家の近くの上海飯店汚なシュランに出た!!・・・やんげです










さくらは目が白い





さくちゃん


いわゆる若年性白内障ってやつである




生後1年で発覚した


最初は大慌てで

かかりつけの先生に紹介してもらった眼科へ飛んで行った


白内障ではあるが

見えてるし問題ないってことで

事なきを得たんだけど



病院に行くたびに診てはもらってたんだ





でも最近


“あれ?あんまり見えてないっぽくない??”

って感じる事が多くなった



右目が明らかに白くなってきた





診てもらったら




やっぱり右目は、ぼんやりしか見えてないらしい・・・


わかっちゃいたけど

やっぱ凹む




この先

右目がまったく見えなくなって


左目も同じように進行してきたら・・・・・


って考えると

可哀そうで

気が重くなる



さらに

緑内障を併発なんかしちゃうと


下手すると眼球を失う事もあるそうな・・・・



まぁ

今の時点であれこれ考えてもしょうがないんだけど


色んな覚悟はしておけって事だよなー




さくちゃん

だいじょぶだいじょぶっっ


何があったって


おかさんと

おとさんと

息子っちが


いるからねーーーーーーーーーーっっっ!!!







もちゃん


おぉ

そぉだった



にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ






スポンサーサイト
Posted by ☆やんげ☆
comment:3   trackback:0
[未分類]  thema:ジャックラッセルテリア - genre:ペット
comment
そうだ、そうだ、みんないるよ、りふぉんも りふぉんママも・・・

りふぉんが 骨折して 病院で「手術しても 完全に治るかどうか わかりません、それほどの大けがです」って言われたとき、 「あるけなくても 一生 幸せに暮らせるから 安心して」って りふぉんに言ったよ。
生後6カ月で この診断だもん・・・・

動物って 否定的には 考えないんだってね。
見えないなりに それを 受け入れる、当然のように・・・
だから 人間も それを 受け入れればいいのよね。

近いうちに 一緒に遊ぼうね
2010/06/11 13:56 | URL | edit posted by りふぉんママ
さくらちゃんは、白内障なのですねぇ。
私のジャック友達の愛犬も白内障になってしまって手術を受け、今は、とっても元気に過ごしていますよぉ。
(o´・∀・`o)ニコッ♪

悠は、我が家に来た頃に膝蓋骨脱臼と診断されましたが、今は、普通に走り回っています。
(^_^;)
ワンコを飼って初めて気付くことも沢山!!
病気とも一緒に向き合わなくてはですねぇ。(*´ー`)
2010/06/12 05:36 | URL | edit posted by Spirits
♪お返事です♪
★りふぉんママさん★

そうでしたねー
りふぉん君、大変だったんだよね・・・
今は元気爆発~

人間と違って動物は
よけいな事考えないんでしょうね
自分に何がおきても
ただそれを受け入れる・・・
純粋な生き物ですよね
ジーーーン・・・です

ほんとに
近いうちに遊んでくださいです(^O^)/



★Spiritsさん★

ジャックは多いみたいですね
手術することになっても
そうでなくても
さくらが幸せに暮らせるように出来たらいいなって
思います

ワンコが来て
教えられる事がたくさんです
色んな事に
ちゃんと向き合っていかなきゃですねっ
2010/06/12 14:29 | URL | edit posted by やんげ
comment posting














 

trackback URL
http://yange1010.blog5.fc2.com/tb.php/145-e66047dd
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。